埼玉県 さいたま市の特定社会保険労務士 【川端労務経営事務所】 就業規則 是正勧告 コンプライアンス

埼玉県下・さいたま市近辺の人事のご相談はお任せ下さい。
人事コンサルタント・
特定社会保険労務士
川端労務経営事務所

〒331-0823
埼玉県さいたま市北区日進町
2-1605 第2ハクサンハイツ202
>>アクセスの詳細はこちら

TEL:048-666-1877
FAX:048-729-7018

ご対応地域:埼玉県 さいたま市の人事コンサルタント・特定社会保険労務士事務所です。埼玉県 さいたま市(埼玉労働局埼玉ハローワーク大宮年金事務所 管区)を中心に、上尾市、桶川市、北本市、熊谷市、鴻巣市、川越市、所沢市、富士見市などの埼玉県全域から、埼京線沿いの東京都内 北区(赤羽など)、豊島区、新宿区、渋谷区、品川区、目黒区など、幅広く、多くのお客様にご対応しております。上記の地域以外のお客様にももちろんご対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

トピックス

2018/04/24
社会保障費抑制で「年金68歳」案

財政制度審議会(財務省の諮問機関)は、高齢化に伴って増え続ける医療や介護などの社会保障費の抑制について議論を始めました。財務省は、財政の負担を軽くするため、公的年金の支給開始年齢を現行の原則65歳から68歳に引き上げたり、医療や介護サービスの利用者負担を増やしたりする案を示しました。公的年金を巡っては、2035年以降に人口が多い団塊ジュニア世代が支給開始年齢の65歳を迎えるため、支給額の急増が見込まれています。

2018/04/17
外国人就労拡大で新たな動き

政府は、新たな外国人労働者向けの在留資格を作ります。技能実習を修了し、いったん帰国した後に再び日本で最長5年間働ける資格で、実習期間と合わせて最長10年間働けるようにします。今秋の臨時国会に入国管理法改正案を提出し、2019年4月にもスタートさせる方針です。また、外国人の就労を所管する法務省と厚生労働省で互いの情報を照合する等により正確な実態把握を行い、企業の届出漏れや不法就労などを防ぐ体制の強化にも取り組みます。

2018/04/10
社保未加入で建設業の許可を更新せず

国土交通省は、社会保険未加入の建設会社について、建設業の許可を更新しない方針を固め、建設業法の早期改正を目指して、今後施行時期などを詰めていくこととなりました。審査の際に、雇用保険、健康保険、厚生年金保険の保険料の納付証明書提出を義務付けると同時に、元請けから下請けに対して支払う法定福利費についてもチェックを強化します。

2018/04/03
全国の労基署に「労働時間改善指導・援助チーム」設置

厚生労働省は、4月1日から全国の労基署に労働条件の確保・改善を目的とした「労働時間改善指導・援助チーム」を編成することとなりました。チームは、中小企業に対し法令に関する知識や労務管理体制についての相談への対応や支援を行う「労働時間相談・支援班」と、長時間労働を是正するための事業所への監督指導を行う「調査・指導班」の2つの班で構成されています。

2018/03/27
働き方改革関連法案を修正し、労働時間の把握を企業に義務付け

厚生労働省は、今国会への提出を目指している働き方改革関連法案の一部を修正し、長時間働いた従業員が労働安全衛生法に基づく医師の面接指導を受けられるよう、労働時間の把握を企業に義務付ける規定を盛り込む方針を固めました。当初は省令で定める予定でしたが、裁量労働制の対象拡大を法案から全面削除するのに伴い、裁量労働制で働く人の健康確保措置の強化策も削除されることを踏まえた措置です。
« 前のページへ|次のページへ »

△ページのTOPへ